仕掛けの作り方

仕掛けの作り方にはいろいろな方法がありますが、オモリ巻きや浮き止めストッパーゴムなどの便利な小物を使った作り方を紹介します。

針糸の結び方が分かりやすく紹介されているので管理人も良く利用しています!
道糸をリリアンに結ぶ

まず最初にリリアンに道糸を結びます。ここでは「ぶしょう付け」を紹介します。 (*写真の糸は道糸ではありません)

1、「8の字結び」でチチワを作ります。

2、先程作ったチチワにもう一度「8の字結び」でチチワを作ります。(最初のチチワより若干小さくします)

3、最初に作ったチチワの中に道糸を通すと輪が出来ると思いますのでそこにリリアンを通して道糸を引くと締まって止まります。

4、道糸の長さですが、浮き止めストッパーゴムを通す時に道糸が折れたり傷が付いたりするので握りの中間部分より少し長めに切っておきます。

必要なパーツを付ける

浮き止めに必要なパーツを付けます。

1、下の方から浮き止めストッパーゴムを入れて上に移動させます。(ゴムを移動させる前に水を含ませたティッシュや布で道糸を濡らしておきます。)

2、浮き止めを入れてから浮き止めストッパーゴムを1個または2個入れます。 (*浮き止めストッパーゴムは1つずつ移動させましょう。まとめて動かすと道糸が切れる原因になります。)

オモリ周辺のパーツを付けます。

1、浮き止めの時と同じ要領で、ストッパーゴム、オモリ巻き、ストッパーゴムの順に入れます。

2、サルカンを通して「クリンチノット」や「ユニノット」などで結びます。最終的な道糸の長さですが、 握りの中間くらいにオモリが位置するようにした方が振り込みもエサ付けもしやすくなるかと思います。

オモリ、ハリを付ける

仕掛けにオモリを巻きます。

オモリを巻く時は出来るだけ真円になるように巻きます。楕円に巻いたりねじれていたりすると仕掛けの沈下中や引き上げる際に仕掛けが水中で 回転しやすくなり、ハリスのヨレなどの原因になります。

ハリにハリスを結びます。

「外掛け結び」または「内掛け結び」でハリとハリスを結びます。

サルカンとハリスを結びます。

「こぶ結び」や「チチワ結び」でサルカンとハリスを結びます。

仕掛け巻きに作った仕掛けを巻いておきます。

リリアンから仕掛けをはずす時は先端の輪を引っぱると簡単にはずす事が出来ます。 仕掛けを巻く時に強い力できっちりと巻いてしまうと道糸にクセがついてしまいますので少し緩めに巻いた方が良いでしょう。 また、最近の竿の口栓にはミゾが切ってある物があるので仕掛けを竿に付けたまま仕舞う事が出来ます。