へらぶな釣りに必要な道具

ここでは、一般的にへらぶな釣りで使われている道具を紹介します。
これから道具を揃えるという方は、最初にへらぶな釣り特有の道具を準備して、その後に少しづつ自分にあった道具を揃えていくのをお勧めします。

竿
各メーカーからへらぶな釣り用の竿が販売されていますのでそちらの使用をオススメします。 へらぶな釣りは状況に応じて竿の長さを変えることがありますので違う長さの竿を何本か持っていると良いでしょう。
竿掛け&万力
へらぶな釣りはエサを付ける時や仕掛けを交換する時に竿掛けの上に竿を置いて行います。 万力は釣り座や釣り台に竿掛けを固定しておくための道具です。
へら浮き
へらぶな釣り用の浮きは、魚がエサを食べたことを教えてくれるだけではなく、 魚が近くに寄ってきたことやエサの残り具合など、 水中の状態を釣り人に伝えてくれます。浮きにはいろいろな種類があるので、入門者の方はどれが良いのか迷ってしまうところだと思います。私見ではありますが、 最初はトップ(目盛の部分)がパイプトップと呼ばれる中空の物で、ボディが5cm~10cmくらい、足の部分が長めのタイプが使い易いかと思います。 竿と同様に、浮きも状況に応じて変更することがありますので、まずは番手違いで何本か用意しましょう。
エサボウル&計量カップ
エサを作る時や水を汲み置きしておく時にエサボウルを使用します。 100円ショップの洗面器などで十分です。 全く同じ物を複数用意するよりも、若干サイズの違うもの、色の違う物の方が使い分けもし易いかと思います。 エサを作る時は計量カップできちんと量って作ることでエサ作りの再現性が確実にUPします。管理人は計量カップを2セット用意して、 エサ用と水用に分けてエサ袋に水分が入るのを抑制しています。
玉網&玉の柄
玉網は魚をすくう時に使用します。釣り場によっては玉網を使わずに直接手でハリをはずすことを禁止している所もありますので、玉網と玉の柄は用意しておいた方が良いでしょう。
仕掛け&仕掛け巻き
作った仕掛けは仕掛け巻きに巻いておきます。また、仕掛け巻きをいくつか収納できるケースがありますので、 予備の仕掛けを作っておけば、釣り場で仕掛けを交換する際もスムーズに行う事ができます。
浮きケース
へら浮きのトップは細いため乱雑に取り扱うと破損したり曲がったりしてしまいますので、 保管中や釣り場に持ち運ぶときは浮きケースに入れておきます。浮きケースにもいろいろなタイプがありますが、 一本ずつ仕切って収納するタイプは使いたい浮きが一目瞭然で、浮き同士の干渉も少ないのでオススメです。樹脂製の筒状タイプは安価で収納力もあります。
持っていると便利な道具

ここで紹介する物はヘラ道具のほんの一部分ですが、釣行の際に持っていると大変便利な物です。

竿ケース&バッグ
竿ケースとバッグはへらぶな釣り用の製品が各メーカーから販売されていてとても使い易いです。 他の竿ケースやバッグでも代用できますので、最初の内からへらぶな釣り専用の物を揃えなくても大丈夫です。
クッション
へらぶな釣りは座っている時間が結構長いので、クッションがあると良いです。へらぶな釣り用のクッションは、 長時間座っていても疲れにくい素材や形状に設計されていますので、一日釣りをする時は重宝します。
釣り台
野釣りをする場合は必須アイテムになります。 素材は木製の物や軽くて丈夫なアルミが主流になっています。また、持ち運びやすいように折りたためるものが一般的です。
パラソル&万力
日差しを避けたい時や少々の雨の時にはパラソルがあると便利です。通常はパラソル専用の万力で釣り座や釣り台に固定します。
ハリスケース
釣りをしているとハリスを交換することは結構な頻度であります。ハリスケースに予備をストックしておくことで、 釣り場でのハリス交換をスムーズに行えます。
ハリスメジャー
ハリスの長さや上バリと下バリの段差を決める際に、ハリスメジャーを使用することで、正確な長さにハリスを調整することが出来ます。
ハリはずし
魚にハリを飲み込まれてしまった時に使用します。ハリをはずす先端の形状はいろいろなタイプがあります。